読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5.9一貴のピアノ日記

今週末は定期演奏会だ。

だんだん緊張感が高まってきた。当日は当然ながらも、もっともっと緊張してくる。

自分は緊張してくると、どういう現象が始まるかというと、手が冷たくなる。

まだ、5月でだいぶ暖かいから、まだいいけど、冬の場合はたまらない。

指が冷たくなるので、ホントにシンドイ。

まあそれもあったりして、緊張感の中、ベストを尽くすにはどうすればいいか。色々研究しているけど、いい解決策は見いだせない。

しいていうなら、ステージの上で、最初のオジキはゆっくり長くしようかな。周りを見る余裕をつくり、空間を自分のものにできればと、今回はそれを採用してみようと思う。

曲の方はだいぶ仕上がってきた。

右手のメロディに重視しすぎて、左の強弱もつけるように、最終の詰めに入ってきた。

いかに音楽的に弾くか、丁寧に弾くか、目を閉じていても、指が勝手に動くようにならなければ、演奏会や発表会やコンクールでは弾く事はできない。

いずにしても、ベストを尽くそう。