読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すいません

 昨日、レンタルビデオを返却し代わりに他の作品をレンタルした際、近所のゲオなんだけどセルフレジで会計済ましたのだけど、ロックを外したときに五枚レンタルしたのに四個分のロックしか外れなかったのな、でも我輩は一回で五個のロックを外す自信があったので「アホな店員め、一枚ロックを掛け忘れておったな」と意に介さず、そのまま家に帰ったのであるが、早速DVDを観ようと思うたら、DVDケースに触れた指先にあるはずのない感触があるのな、これやべぇなと思いましたよ、するとやっぱり外れてないのな、一個だけロックがよぉ、しかも三枚レンタルした海外ドラマ10巻から12巻の10巻ですよ、出鼻を挫かれたとはこの事だぜ、まあ挫いたのは誰でもねぇ自分自身なんだけどね。

 だからといってすぐさま店にとんぼ返りして…なんて体力も気力も几帳面さもねぇから、一巻ぐらい飛んでも問題ねぇ、どうせ内容なんて毎回うろ覚えよ、と観てから「夜にロックだけ外しに行くぜ」と日付が変わるぐらいの時間に再度ゲオへ行ったら、気になっていたのだけど、やっぱりその通りで、入り口で警告音がなるのな、ロック外さすに店出ると普通鳴るからね、要するに何で忘れて返ったときに鳴らなかったんだって話なんだけど、そりゃまあいいとして、ピピピピ鳴りやがるもんだから店員の視線の的になっちまって、何事もないようにロック外して帰るつもりだったが、こうも視線で射抜かれると「店員に理由言っとくか」とレジで一番近くにいた眼鏡の女性店員に今回の間抜けな理由言ったら店員に「じゃあロック外してください…すいません」なんて言われるのな、もう「???」ですよね、どっからどう考えても悪いのは俺だぜ、自分の能力を過大評価し自信過剰のロック外し忘れで再度入店時にピピピピピだぜ、まあ100歩譲ってロック外し忘れて帰る際に警告音が鳴らねってのは店の機械の過失だけれんどよぉ、こんなことで罪を店側に擦り付けるほど私も下卑

たる者でないし、私の無駄に気高いプライドもそれを許さないから、やっぱり私が悪いのであり、店員は口に出されると流石に堪えるが心の中でぐらいは私のことを「このアホよ」くらいに思うてくれたらよいのである、それで謝るのは俺だぜ、とばかりに「わかりました、すいませんね」なんてロックを外そうとしたら再度店員たら「はい…すいません」また言いやがるのよ、だから「すいません」は俺だけが抜く刀だぜって話ですよ。

 ほんとすいませんて口癖になるから気をつけましょうね、って話なんだけど、まあ別に悪意のないアホ相手、特に客商売では笑顔とすいませんは百災百難を退けるから便利なセキュリティでもあるんですけどね。しかし私にとっては、その言葉はこの間抜けな俺だけに言わせてほしんだぜ。