読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラカン28号SPECIAL

4月22日(土)

フラワーカンパニーズ

フラカン28号SPECIAL

日比谷野外大音楽堂

同日

昼過ぎまで居た鎌倉湘南は、富士山は見えずの薄い曇り空

東京に着くと徐々に雲が厚くなってきて

日比谷に着くと今にも雨が降り出しそうな空

そして

ライブ会場の開場と同時に雨が振り出す

ってのが本当にフラカンらしい(笑)

彼らが雨バンドであったのを忘れるくらいに長いこと雨とご無沙汰でしたけど

さすが此処1番では、やはりガチで雨を降らせますね

最初ステージに登場するやいなや、此の雨景色に鈴木さんも苦笑い

鈴:そらジローの馬鹿ぁ今日は雨は降らないって言ってたじゃん

鈴:ヨサホイ続けてぇぇぇ雨とか言わないでぇぇぇ

此処、個人的に此の日1番の大笑いポイント

終盤、会場に靴を投げ入れる鈴木さん

鈴:ごめん靴返して靴が無いと俺、家に帰れないから

ちゃんと戻ってきて良かった(笑)

初めてライブで聞けた「靴下」

やっと聞けた

グ:デビューして3年目・・・事務所的にも「さァ此れから」ってときの曲のタイトルが「靴下」(笑)

鈴:此のCD・・・収録曲2曲目は「泥棒」・・・2曲続けると此れ下着泥棒になるからね(笑)

曲に関しては意外?だった「虹の雨あがり」

グ:虹は無いわ、雨上がりでもないわだけど(笑)

鈴:え?今、雨、あがってますよね?あれ?雨が見えないのは俺だけ?まだタミフルが効いてんのかな?

「どしゃぶり地獄」があるかと思ったけど無かった

アンコール時の新曲「ハイエース」が沁みた

グ:夏頃にはアルバム出せると思います

鈴:今日は新曲いっぱい演ってごめんなさい新曲、出来たらスグにライブで演りたくなるんだよねなかなか出来たなかったくせに(笑)

グ:俺ら、武道館は満員にできても野音は何回やっても満員にならんのだ(笑)今日は7回目の野音なんだが、今日は後ろのほうまで埋まってる雨の中、見に来てくれてホントありがとう

此の7回目の野音ってところ・・・竹安氏が調べて自己紹介のところで言うつもりだったらしい(笑)

竹:今日が7回目の野音って言うつもりだったけど・・・前川が先に言っちゃうもんだから・・・テンション下がっちゃって・・・

他にも

竹:天気予報が微妙だったけど・・・晴れを願って空色のシャツを着てきたのに…此れなら最初から雨って言ってくれたらいいのに

とボヤキ節が多かった此の日の竹安氏(笑)

マエカワ社長からは

グ:午前2時過ぎたら竹安は「今日のけー君のアレさぁ」って流れになるときもあるからさ(笑)

鈴:風の噂で聞いてるよ2時から男の「サラリーマン竹安」だろ(笑)

のダメ出しも

鈴木さんの声も岡山を100としたら98くらいの高いレベルで引き続き好調を継続

大きな会場でも

雨が降っても

いつも通りのライブで最高

鈴木さんのスライディング・イン・ザ・レイン(笑)

マエカワ社長はまさかの裸オーバーオールで通常営業

お二人とも今後は無理されませんように

3年前は4月で気温7℃、極寒の日比谷野音

此の日は最後まで春雨の日比谷野音

此処では2回ライブ見ただけですが

なんか登山行くのと同じレベルで緊張感を持って行かないといけない場所のような気がしてます(笑)

セトリ

真冬の盆踊り

脳内百景

三十三年寝太郎BOP

Mr.LOVE DOG

チェスト

夜空の太陽

すべての若さなき野郎ども

感じてくれ

口笛放浪記

あまくない

日々のあぶく

靴下

大人の子守唄

虹の雨あがり

最後にゃなんとかなるだろう

ホップ ステップ ヤング

終わらないツアー

消えぞこない

(アンコール)

ハイエース

とどめをハデにくれ

TEENAGE DREAM 

(アンコール)

東京タワー

ロックンロール