読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パッセンジャー

4月1日に2つ映画を観たのだが書き忘れていた。地球から宇宙船で遠く離れた入植星に移動する際に発生する事件である。ワープはこの世界では無いようで、乗客(パッセンジャー)、乗員(クルー)全員が冷凍睡眠で120年を過ごすことになる。到着の4ヶ月前に起こされることになる。事件は地球出発して30年後に航行中の宇宙船が小惑星に激突後から始まる。男性乗員が一人起こされたのである。たった一人で起こされ、冷凍睡眠に戻ることはできない。飲食や娯楽などの施設(バーやプールまである)は完備されているが、90年をそのまま過ごすことは目的地に到着できないことを意味する。彼はたまたま技術者であったので他の乗客を起こす方法を見つけて実行する。それもとびきりの女性である。あたかも事故で起きたかのようにして接触してナイトラブまでに至るが自分が起こしたことがバレてしまい険悪な状態になる。

さあ、自分だったらどうしただろうか?

結果論としては、二人が起きた状態でなかったら、宇宙船自体が爆発していたが、残りの人勢を牢獄に等しい場所で90年で過ごすことになったら。非常に深い作品でした。