読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライブにおけるギターサウンド考8

前回の続き

これまで、色々と書いてきましたが、何だかんだで、「PAとコミュニケーションをとること」が重要です。

往々にして、PAの人はリハーサル時にあまりしゃべりません。それは、「余計なことを言うとリハの時間がかかる」からだと推察しています。

しかし、ギターと同じようにPAも技術が必要で、PAにもプライドがあります。身につけた技術を尊敬する姿勢があれば、何かと手を貸してくれますし、聞けば答えてくれます。

逆に「聞かなければ教えてくれません。」これも重要です。

これまで書いてきたような話は、あまり聞いたことがなかったので書いてみました。

ということは、このブログを読んだ人は、一歩先んじることができるかもしれません(笑)

ここに書いたことをそのままやるのではなく、自分なりにアレンジして、お客さんに届く良い音でライブしていただけたら嬉しいです。