読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画】カムイ外伝

17世紀、日本。

非人の出身であるカムイは

貧しさから伊賀の忍になるが、

自由を求めて抜け忍となる。

ある日彼は

伊賀の追い忍たちとの戦いの直後、

領主・水谷軍兵衛の愛馬「一白」の

白い足を切り落とした

半兵衛という漁師に出会う。

カムイは半兵衛が住む島に辿り着くが、

そこにいたのはかつてカムイが仕留め損ね、

今は半兵衛の妻・お鹿として生きる

同じ伊賀の抜け忍・スガルだった。

今年テレビ放送したのを録画してたので

今頃ようやく見ました。

アニメ版劇場用作品にもなったこの話、

そんなにいいかな?

『カムイ』の無情な話って

特に女ウケする形には絶対ならないのに

なんで女客狙いの若手俳優の作品に

これを選ぶかな?

崔洋一監督を悪いとは思わないけど、

この作品には

合ってなかったんじゃないかなぁ?

それと、CGの嘘くささがバレバレで

興醒めした。

崖から落ちるシーン、

人形でもいいから実際に落ちてる様子を

撮るべきじゃなかったのかな。

日本の映画界が長年築いてきたノウハウ

活かされてない気がした。

興醒めといえば、

漁師の体つきがプヨプヨの色白で

全然漁師感がなかったのにもげんなり。

役作りってこういうところからじゃないの?

大部屋とはいえ、プロなところを

感じさせて欲しかったな。

もしくはそんな体格な人選を

すべきだったんじゃないのか?

何にも残らない作品でした。

江戸時代にギターのような楽器で

西洋音階の曲を弾くのも

どうかと思ったぞ。

☆☆☆☆☆