読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホロコーストは捏造話

遠藤 富貴子 ホロコーストは捏造話です。

証拠がありません。

また、そもそもユダヤが差別されるのには

それなりの理由があり、

彼らに原因があるので、同情も出来ないと思います。

━―━―━―━―━―━―━―━―━

1.何故米国がWW1に参戦したのか

a href=http://www.youtube.com/watch?v=lZqRhxgPepwhttp://www.youtube.com/watch?v=lZqRhxgPepw/a

2.英仏露のドイツに対して企んだ陰謀と理由

a href=http://www.youtube.com/watch?v=grR44avjwCchttp://www.youtube.com/watch?v=grR44avjwCc/a

3.ユダヤ人の正体とは?

a href=http://www.youtube.com/watch?v=3K-7Hl9s2gchttp://www.youtube.com/watch?v=3K-7Hl9s2gc/a

------ ------ ------ ------ ------ ------

(文字おこし)

ベンジャミン・H・フリードマン(Benjamin H.Freedman)は20世紀で最も興味深く、素晴らしい人物の一人です。

同氏は1890年生まれ。

ニューヨークで成功したユダヤ人実業家で、ウッドベリー石鹸会社の社長をしていたこともあります。

1945年にユダヤ共産主義者が勝利を収めた後、同氏はユダヤ組織と決別しました。

そして残りの人生を賭け、また、莫大な資産約250万ドル(当時の日本で9億円)を費やして、アメリカを支配するユダヤ人の権力構造を暴露しました。

フリードマン氏の証言は特に重要です。

それは彼が、アメリカの権力を得ようと企んでいるユダヤ組織の中で、トップレベルの当事者であったからです。

フリードマン氏は、バーナード・バルーク、サミュエル・アンターマイヤー、ウッドロウ・ウィルソンフランクリン・ルーズベルト、ジョセフ・ケネディジョン・F・ケネディなど、時代を動かしていた人々と個人的に知り合いでした。

このスピーチは1961年にワシントンのウィラード・ホテルで愛国的な聴衆に向かい、

コンデ・マギンリーの愛国的新聞「コモン・センス」のために行われました。

フリードマン氏のメッセージは欧米への警告であり、状況は以前にも増して緊迫してきています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここアメリカで、シオニストたちはアメリカ政府への支配を完成しました。

その理由について踏み込むには余りにも複雑すぎますが、彼らは既に絶対的君主のようにアメリカを支配しています。

こんなことを言うと、えらく大まかな話だと思われるでしょうが、私たちが眠り込んでいるうちに何があったかをお話させてください。

何が起きたのでしょうか?

第一次世界大戦は1914年夏に勃発しました。

この会場には私と同年代でそれを覚えている人はあまりいないでしょう。

戦争は、イギリス、フランスとロシア 対 ドイツ、オーストリア=ハンガリー帝国とトルコによって繰り広げられました。

開戦後2年で、ドイツは戦争に勝利を収めました。

名目上勝っただけではなく、実質的にも勝利を収めたのです。

世界の驚愕の的となったドイツの潜水艦は大西洋から船団を一掃しました。

イギリスは兵士に与える弾薬もなく、食糧補給も1週間分しか残っておらず、立ち往生していました。

その後、飢餓に苦しみます。

当時フランス軍には反乱が起こっていました。

ソンム地方のベルダンの守備戦でフランスの若者の命が60万も失われました。

ロシア軍は逃亡していました。

おもちゃのような武器を持って家に帰ろうとしていました。

ロシア兵はもはや、戦争ごっこなどしたくなかったのです。

彼らは皇帝が嫌いでした。

イタリア軍は崩壊していました。

ドイツの国土には一発の弾丸も打ち込まれていませんでした。

国境を越えてドイツに入った兵士は一人もいませんでした。

ドイツはイギリスに和平条項を持ちかけていました。

ドイツがイギリスに対して示した和平の交渉は、旧状を保持するというものでした。

これは、「戦争を止めて、すべてを戦争前の状態に戻そう」ということです。

イギリスは1916年夏にはこの申し出を真剣に検討していました。

他に選択肢がありませんでした。

ドイツの寛大な和平交渉を受け入れるか、もしくは、完全に敗北している戦争を継続するか、どちらかでした。

和平交渉が進んでいる中、ドイツのシオニストたちは、東ヨーロッパのシオニストたちを代表して、イギリス戦争内閣を訪問しました。

この話は長くなるので端折りますが、私は、私の話を証明できる文書を全部残してあります。

シオニストは言いました。

「ちょっと待ってください。イギリスはこの戦争にまだ勝つことができます。あきらめる必要はありません。今、ドイツが提案している和平交渉を受け入れる必要はありません。アメリカ合衆国が同盟軍として参戦すれば、あなたたちは勝てます。」

当時アメリカは参戦していませんでした。

アメリカは元気で、若く、お金もあり、強かったのです。

シオニストはイギリスに言いました。

「イギリスの同盟国としてアメリカを参戦させ、あなたたちの側で戦わせることを保証しましょう。条件は、勝利の後に「パレスチナを我々に与える。」と約束してもらうことです。」

シオニストたちは次のような取引をしました。

「アメリカを同盟国として参戦させる。その代わり勝利を収めたら、その代償として、パレスチナを差し出さなければならない。」

パレスチナについて、イギリスが誰かに約束できるような権利はありません。

例えて言うと、アメリカが日本に対してアイルランドを約束するようなものです。

イギリスには、パレスチナに対して利害も権利も全くありませんでした。

そのイギリスが、シオニストがアメリカを参戦させる見返りとしてパレスチナを提供する。

そんなことは、まったく不条理です!

しかし、イギリスは1916年10月、そのような約束をしたのです。

皆さんの中で覚えておられる方が何人いるか分かりませんが、その後すぐ、アメリカはそれまで親ドイツであったにもかかわらず、イギリスの同盟国として参戦したのです。

ベンジャミン・フリードマン?何故米国がWW1に参戦したのか

a href=https://youtu.be/lZqRhxgPepwhttps://youtu.be/lZqRhxgPepw/a

元情報:http://tinyurl.com/kkf2bet

(Powered by my日本 http://sns.mynippon.jp/)