読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

念の力

私には兄がいる。

昔から変な人だなと思っていた。

でも、本当に彼のことがこわいと思ったのは、小学校のときだと思う。

私の内部を言い当てられたときは、こいつ、やるな!なんてことを思った。

どんどん年が離れていき、だんだんとお互いの心が分からなくなっていった。

でも、あることを思い出す。

サイコロの目。

消しゴムに数字を書いた。そしたら、兄ちゃんが当てるんだよ。全部。マジで。それがこわかった。

しかも、勉強の成績もかなり上位で、それもこわかった。

お母さんの育て方がきつかったって兄は言ってたけど、私はお母さんに甘く育てられていたから、後で苦労するハメにはなった。

ただでも、欲しいものは何が何でも手に入れるし、テストで良い点を取ったら、絶対買ってもらうという約束をして、彼はメキメキと欲しいものを手に入れて行った。

それで、こわいのが、まだある。

兄に喧嘩を売って行った人、みんな消えているって兄が言ってた。

そろばんも辞めて行った人がいるって。

兄ちゃんのシャーペンを盗んだやつとか、カッターナイフで自転車のカバーを切ったやつとか。

それを考えると、ちょっとこわい。

それで、私にもどうやらそういうものがあるらしく、高校時代、私にたてついて来た人が結局、学校を辞めて行った。その後は不明。さらに、社会人になって、私の悪口とか言った人、ことごとく辞めて行った。

それがちょっとこわい。

それで、とどめは、うちの父親。虐待まがいのことをある意味でやってたから、結局、認知症になっていった。

私が良かれと思ってやったことも、決めつけて物事を観る癖があったから、悪態ついてた。

っで、私というはけ口がなくなって、結局、漢字の勉強もしなくなって、自滅した。

その話を兄にすると、もし、私らがお互いに憎しみ合ったら、おそらく、相打ちになるんだろうなって話をした。

持ちつ持たれつってやつだなあって常々思う。

母親が亡くなって以来、その悲しみのはけ口は私で、9年かかったんだんだよな。父親から離れるまで。

だから、後は兄ちゃんに全部任せる。

そして、おそらく、私にもそのうち、そのカルマを刈り取る時期がやってきて、滅びる。

誰かのために生きるんじゃなくて、自分のために生き始めているから。

自己中心的で、思いやりのかけらもない。優しくなんかなれない。嫌な奴はいるし、本当、腹が立つって目くじら立てるくらいの器の小ささ。

本当、小さいんだよな。だから、もうちょっとだけ大人になれるように、時間かけようと思う。生きてみなきゃ分からないことばかりなんだから。