読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ東照宮へいこう

近場の温泉でゆっくりしたいと思い鬼怒川温泉へぶらり

久しぶりに東照宮へも行きたかったのでぶらり

せっかくだから泊まろうとなり

予約したらグレードアップされていてすごい部屋に案内された(´・ω・`)

荒川の土手 4月2日日曜日03

葛西用水で我が家のペットのスッポンのぽんちゃんのお土産のザリガニが取れたので戻ります。

荒川を渡ったところで、右折して土手を走ってみることにしました。

土手道は広々として景色で車もいないし、気持ちいい。

そのまま北千住の鉄橋まで行って土手から北千住駅の方へ。

行こうとした道がなんとも自然な感じだなと思ったら旧水戸街道でした。

ちょっと「へぇーー」と思う。

「超高速参勤交代」もこの道かあ。

ちなみに、シッタカのママチャリはこんなの。バケツを荷台に乗せて網は工事用の養生テープでフレームに固定。

あえて、おされより、おっさんに拘りました(笑)。

街中を抜けて北千住、そして国道4号千住大橋を渡り、自宅へと戻ります。

つづく

oset8

なんか色々

色々やってたら、1日たった

ハンドル、ブレーキ前後1式、ステム

あれ?良く考えたらそれしかして無い

まあ、良いか?でも不具合が沢山

お子様様オモチャだから仕方ない。

ステムは120の25じゃあダメだった。♂

今日は房総の海岸沿いのロックで

試走、飛んだり跳ねたりは無理なので

地を這うライディングになる予定。

この頃、3Dモデル全然やってない

0418:どぜう、肥えました(悦)

どぜうが繁殖したら喰いたいなぁ・・・と考えている海童靈麻 我貫逸閑です

前にどぜうの躍り喰いをしたことあるんだけどね

胃の中で暴れるのがまたこそばゆいんだ、コレがまた

気分は一寸法師やな(攻撃はされないけど)

寄生虫がいるらしいからオススメはしない♪

でも飼って丸々と肥えた(デカい奴だと約20cm)どぜう3匹、どうやら雌のみらしく・・・

今日、ペットショップ行って10匹買ってきた

元々は餌用どぜうだったのだが、だからこそ安く手に入り、最終的には俺の餌にもなる、と♪

種類は同じ、マドジョウ

ちゃんと雄雌混合♪

でも餌用だからか、まだまだ子供かな?

サイズ的には小さい

あとミナミヌマエビを20匹

コレは食用ではなく苔掃除用♪

食用にもなる(らしい、掌半分程の)ドブ貝も売っていたのだが、水槽の水が綺麗すぎるらしく、そうそう生きない、言われて諦めた

掃除する前の、昨日の時点だと餌が豊富だったのに・・・

それでも餌的には足りない様で、結局「水槽だと長生きしても1年」だとか

タナゴが産卵に利用するらしいねぇ

・・・ウチのドジョウも利用しないかな?

まぁ、そんなこんなで、水槽、賑やかになりやした♪

種類は増えてないけど数的に

コレで繁殖したら嬉しいのだが・・・

あ、あと鯰のちっこい子供が販売されていたが・・・

デカくたるにつれ、メダカ、喰っちまうかな?やっぱり

やっぱりねぇ、どぜうよりもナマズの方が量がデカいんだけどねぇ

喰うにしても

でも鑑賞魚としてのメダカが喰われちゃ敵わんからなぁ・・・

その内、生け簀でも作ろうかな・・・

夷狄戎蛮

漢字でトルコを音訳すると「突厥」となる。

546年

トルコの部族長だった土門が「柔然」という国から独立

一代の間に

東は満州

北はシベリアバイカル湖

西はカスピ海いたるまで征服

552年「柔然」の最後の君主を倒し「伊利可汗」と称した。

現在のトルコ共和国はこの年を建国年としている。

中国人の考える中華思想では、「自分たちが世界の中心であり、離れたところの人間は愚かで服も着用しなかったり獣の皮だったりし、秩序もない」ということから、四方の異民族について四夷という蔑称を付けている。

東夷(とうい) - 古代は漠然と中国大陸沿岸部、後には日本・朝鮮などの東方諸国。貉の同類。

西戎(せいじゅう) - 所謂西域と呼ばれた諸国など。羊を放牧する人で、人と羊の同類。

北狄(ほくてき) - 匈奴鮮卑契丹・蒙古などの北方諸国。犬の同類。

南蛮(なんばん) - 東南アジア諸国や南方から渡航してきた西洋人など。虫の同類。

「随」という国は鮮卑系の王朝であり

犬と同類としていた「北狄鮮卑」の支配下におかれ

二世紀末にほとんと絶滅した漢民族の子孫ではないのである。

中国四千年と聞くと

今の中華人民共和国に四千年の伝統があると考えがちだが

考えるから

そう思わされてしまうのである。

考えると

考えさせる者の意志に誘導されてしまう。

考えないという事が

唯一の真実を知る道なのである。

勿論

考える事がなくなってくれば

考えさせられて見失っていた

真実の自分も分かってくるのである。

考えない

とても大切な事なのである。

ものの道理をわきまえない限り

つまり

考えているうちは

自分というもので悩み苦しまなければならないのである。

禍を転じて福と為す

禍福は糾える縄の如し

禍を避けて福はなく

福を欲せば禍と向き合わなければならない

道理に従う

いつでもニコニコ

道(タオ)という事である。

もふもふの♪

りんたんの柴犬特有のしっぽにつる藤の花が1個刺さってた♪生け花じゃなくもふ花(笑)その後ぽちゅくんのポメラニアン系しっぽにてんとう虫が♪もふ虫(笑)ぽちゅくんの毛にからまってありんこ死んでたりするから気を付けなくちゃ♪もふ地獄(笑)ソニー2単元何年持ってるかな(笑)

桜見てきました♪

先日榴岡のあたりをお散歩した時に撮れた写真載せます

モクレンのお花も綺麗に咲いてました

さっき仕事から帰ってきて近所の桜見たらめっちゃ散っちゃってました儚い

昨日の雨のせいかなー……散っちゃう前に見れてよかった〜